2019.07.27
和装フォトウェディングでオススメの人気の赤地打掛3点のご紹介♡

人気の和装でのフォト撮影プラン。
結婚式当日は和装を着ないから…と和装でのウェディングフォトを撮影して下さる方も多いです♪
香川県には、栗林公園や万象園などの美しい日本庭園があり、白無垢や色打掛を着てのウェディングフォトにもピッタリのロケーションです。
白無垢も色打掛もどちらも素敵ですが、花嫁の和装といえば【赤色】を思い浮かべる方が多くないですか?
華やかな赤色の打掛は昔から多くの花嫁様に愛されてきました。そんな赤地の打掛での素敵なお写真をご紹介します!

【花集庭園】
赤地の着物に四季折々のお花があしらわれた1着。
重厚感のあるゴールドと、白色のお花が全体を華やかに明るく魅せてくれます。

お花に使用されているカラーは少しくすんだ色を使用しているので、より大人っぽく重みのある雰囲気の赤打掛となっています。

室内では打掛の裾をおろしたまま撮影することも可能です。あげている時とおろしている時では少し雰囲気も変わります。

【MN4005 red】
写真家の蜷川実花さんプロデュースの打掛。
鮮やかな赤色と思わず目を惹く写真のプリントは特殊な加工で施された京友禅のお仕立の打掛です。
ポイントになる傘には金彩箔が施されています。

個性的な蜷川実花さんデザインの打掛は、アンティークテイストなスタジオ撮影がオススメです。
勿論、外でのロケーション撮影にも映える1着です♪

【寿鶴御所解の讃】
赤地でもオレンジ色の強い朱赤地の着物に、鶴や四季折々の花・御所車などのおめでたい柄が総柄で施された古典的な色打掛。
地の色が見えないほどに織られた柄は、花嫁様にふさわしいお祝いの柄となっています。足元はグリーンにぼかしてあります。

古典柄の打掛はご家族からの評判も良い1着♪
花嫁様だからこそ着れる豪華な色打掛です。
日本庭園などのロケーション撮影にもバッチリの1着です。

色打掛といえば定番の赤地打掛も、色のトーンや柄でかなり雰囲気が変わってきます。
お気に入りの打掛と出逢って、素敵なウェディングフォトを残してみませんか?

ミツワでは2019年秋~冬の撮影も承っております。
気候の良くなる季節の撮影は人気の為、早めのお問い合わせをお待ちしています。
是非お気軽にお問合せ下さい。

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー