どんな体型の方でも、どんなスタイルを好む花嫁でも、着る人を選ばす魅力的に見せてしまうのがAラインドレスのうれしい長所。ボレロやオフショルダー、ロングスリーブなど、好みに合わせてさまざまな組み合わせができるから、着こなしやすさも抜群。キュートで愛らしい雰囲気から、クラシカルで上品なオトナ花嫁まで、幅広く演出できる。これが、Aラインのドレスが花嫁から愛されているヒミツなのです。

人気のウエディングドレス「Aライン」を徹底解剖+コーデ特集☆

“いかり肩”は視線誘導で目立ちにくく

ウエディングドレスのAライン

アメリカンスリーブやVネックデザインのAラインドレスなら、肩に目線が集中せず、視覚効果でスッキリ着こなせるので、いかり肩の花嫁にオススメ♡
また、少し抵抗があるかもしれないけれど、実はビスチェタイプのAラインドレスでスッキリと肩を出し切ってしまう方がいかり肩は目立ちにくくなるんです。これも理由は先ほどと同じで、肩よりも別の部分に目線を誘導することで気にならなくさせるため。
さらに、胸元がハートカットになったドレスならデコルテから胸元に視線を集中させるので、とても効果的。

“なで肩”は隠して着こなす

ウエディングドレスのAライン

なで肩が気になる花嫁は、ボレロやケープで肩まわりを隠してしまうことで目立ちにくくしちゃいましょう。
肩口からふんわりとした柔らかなフォルムを描くパコダスリーブのAラインドレスを着こなして、優雅な雰囲気を作ってもキレイですし、パススリーブのAラインドレスで肩を隠しながら可愛く仕上げるのもオススメです♡

“小ぶりのバストサイズ”はデコルテを豪華にあしらって

ウエディングドレスのAライン

小ぶりのバストサイズが気になるという花嫁は、デコルテ部分にレースを豪華にあしらって視線を上げさせ、胸を切り替えにするテクニックが特にオススメ。
また、胸元に立体フリルがあるものも胸の大きさをカバーし、より華やかに見せてくるので、着こなしやすく視覚効果も抜群。あえて豪華にしているので、ゲストの視線が胸元にきてしまう可能性もあるけれど、みんなフリルを見ていると思って堂々としていれば大丈夫です。

“大きめバスト”の花嫁はビスチェタイプのAライン

ウエディングドレスのAライン
ビスチェタイプは本来胸で着るドレス。胸がないと美しいラインは仕上がりません。だから、バストサイズが大きめの花嫁は、ビスチェタイプのAラインならどのタイプでも着こなせます♡
また、ハートカットのAラインドレスは、デコルテを出すことでより女性らしく上品に着こなすことができます。

“細いウエスト”は装飾でカバーしよう!

ウエディングドレスのAライン

細いウエストラインが気になる花嫁は、ウエスト周辺に刺繍やフラワーモチーフがあしらわれたAラインドレスなど、印象的なワンポイントを置くことによってウエストの細さを和らげ、美しく着こなすことができます。
また、ウエストまわりにリボンを巻いてボリュームを出すのも効果的です。

“太めのウエスト”は切り替えを上手く使おう

ウエディングドレスのAライン

トップからウエストに向かってギャザーや切り替えが入ったデザインはウエストを細く見せる視覚効果があります。
つまり、ちょっぴり太めのウエストラインが気になる・・・という花嫁も自然に着こなせちゃうんです♡
また、セパレートタイプのドレスなどを選ぶと、切り替え部分によってはウエストを細く見せることができます。
切り替えの高さが違うAラインドレスを試着しながら雰囲気を確かめ、気になる場所がカバーできるかチェックしてみましょう。