ウエディングドレス・・・たくさん種類があって迷っちゃうな・・・という方は、王道のプリンセスラインのウエディングドレスがおススメです。まるで映画に出てくるお姫様のようなふわっとして可愛いプリンセスライン。王道のドレスだからこそ、選ぶ素材や小物によってさまざまなアレンジが可能なんです。今回は、そんな絶対チェックのプリンセスラインのウエディングドレスをご紹介します。

〈プリンセスラインとは〉

ウエディングドレス「プリンセスライン」

プリンセスラインのウエディングドレスとは、その名の通りまるでお姫様のようなボリュームの出るラインのことです。シェイプされたウエストラインからふわりと大きく広がるスカートのデザインが可愛いウェディングドレスで、ボリュームもある華やかなデザインだから、大きな会場でも存在感があります。また、ふんわりとボリューム感があるので可愛いイメージを持たれがちだけど、選ぶドレスの素材やコーディネートするアクセサリーや小物によって大人っぽいイメージにも出来るため、花嫁から絶大な人気を誇るウエディングドレスです。

〈素材やシルエット〉

サテンやシルクなどの生地にハリや光沢感のある素材は、ボリュームの出るプリンセスラインでも上品でクラシカルなイメージになります。それとは対照的に、チュールやオーガンジーなどのやわらかい素材は、よりふんわりとしたボリューム感が出るのでナチュラルでかわいらしいイメージになるんです。シンプルなチュール素材のウェディングドレスにビジューベルトやサッシュリボンなどの小物を使うクイックチェンジで挙式と披露宴のイメージもガラッと変わります。

〈おすすめの体型〉

基本的に、プリンセスラインのウェディングドレスは、沢山の花嫁から支持される王道のラインなので、どんな体型の方にも似合います。その中でも体型や悩み別に似合うデザインを紹介します。

ウエストをより細く見せたい方

しっかりとフィットしたウエストラインからふわっと広がるスカートのデザインのプリンセスラインは、ウエストを細く見せてくれるラインです。よりウエスト部分のくびれを強調させたい方には、プリンセスラインの中でもウエストのビスチェとスカート部分の切り替えのデザインが「Ⅴ字」になっているデザインがおすすめです。

下半身(ヒップラインや太もも周り)が気になる方

ふんわりとしたスカートのプリンセスラインは、気になる下半身のシルエットも自然にカバーしてくれます。

小柄な方

選ぶ素材によっては、ボリュームが出過ぎてドレスに埋もれてしまう場合があります。バランスよくプリンセスラインのドレスを着こなす為には、選ぶ素材も重要です。あまりボリュームの出過ぎないサテンなどの素材を選ぶとバランスよく着こなすことが出来ます。

バストがしっかりとある方

ビスチェ部分や胸元に装飾がないシンプルなものがおすすめです。上半身はデコルテをしっかり見せてすっきりと、下半身はスカート部分にボリュームを持たせる事でバランス良く見えます。

脚を長く見せたい方

プリンセスラインの中でもウエストのビスチェからスカート部分への切り替えの位置が少し高めのものを選ぶと脚長効果があります。ウエスト部分にビジューベルトやサッシュリボンなどの小物をプラスしてもグッド。脚を長く見せたいからといってヒールの高いシューズを選ぶとバランスが悪くなってしまう場合があるので、全体のバランスをみて合わせることが大切です。

おすすめの髪型

ドレスがふわりと大きく広がるシルエットなので、それにあわせてヘアのシルエットもロングやセミロングなど、大きめに作るのがおすすめです。チャペルでの挙式は王道のアップスタイルにティアラがオススメで、披露宴ではダウンスタイルに花冠にチェンジなどアレンジを変えれば、同じドレスでもガラッと印象を変える事が出来ます。

プリンセスラインのドレス一覧はこちら

〈コーディネート例〉

可愛いイメージが持たれがちなプリンセスラインも合わせる小物やアクセサリーによってイメージが変わります。

挙式スタイル

ウエディングドレス,プリンセス

髪型はふんわりと高めに纏めたアップスタイルにベールを合わせたシンプルな挙式向けコーディネート。アクセサリーやブーケも白で統一して清楚なイメージに仕上げています。

ウエディングドレス,プリンセス

ドレスの柔らかいふんわりとしたシルエットに合わせて、ベールをボリュームのあるバルーンベールにするのがポイント。

ウエディングドレス,プリンセスグローブも透け感のあるショートグローブでナチュラルなイメージに。ブーケは白をメインにグリーンが差し色に入ったころんと丸いシルエットのラウンドブーケを選ぶことで、ナチュラルで可愛い印象になります。

披露宴スタイル1

挙式時のアップスタイルからダウンスタイルにチェンジしてアクセサリーもアンティークな雰囲気のカチューシャを選択。

 

ダウンスタイルといえば、花冠の王道スタイルも人気だけど、人と違った個性的なイメージにしたい方におすすめです。ダウンスタイルの時は、ネックレスをしない方がデコルテを綺麗に見せてくれる効果があります。

 

ふんわりとボリュームの出るチュール素材のプリンセスラインは、座った時のシルエットがすごく可愛い。撮影時は人気のあるお座りショットを撮るのがおすすめ。

 

披露宴スタイル2

ウエディングドレス,プリンセス ウエディングドレス,プリンセス

お気に入りの靴を使ってのコーディネート例です。披露宴時は、挙式の時の白で統一した清楚なイメージからがらりとイメージを変えて、差し色に赤を使ったコーディネートで。

 

ウエディングドレス,プリンセス

お気に入りのブライダルシューズに履き替えてヘアスタイルもトレンドのポニーテールに。プリンセスラインはドレスにボリュームがあるのでポニーテールもふわふわとボリュームを出すと全体のバランスが良く仕上がります。

 

ウエディングドレス,プリンセス

ヘアアクセサリーはシンプルでも目を惹くシューズとお揃いの赤い細めのリボンに。大きめのビジューイヤリングが動きに合わせてキラキラと上品に輝き大人可愛い印象になるはずです。ブーケにも赤を使ってドレス以外の小物全てに統一感を出すとより挙式の時とは同じプリンセスラインのドレスでもイメージが変わります。

 

ウエディングドレス,プリンセス

ウェディングドレスの裾でブライダルシューズは隠れてしまうと思われがちですが、階段の上り下りや椅子に座った時にウェディングシューズはゲストに見えています。せっかくの一生に一度の大切な日は、自分のお気に入りのシューズを履いてみてはいかがですか?ただし、お気に入りの靴ならどんなものを履いてもいい…と言うわけではありません。ウェディングシューズで最も重要なポイントは、ヒールの高さです。ドレスの丈によって選ぶヒールの高さも変わってくるので、ブライダルシューズを選ぶ際はコーディネーターに相談してみてくださいね。

プリンセスの試着はこちら

おすすめウエディングドレス

ウエディングドレス,プリンセス

大柄のフラワーレースがセクシーでrienda sueltaらしいデザイン。ボリュームのあるティアードフリルのスカートが豪華でプリンセス感あふれるデザインです。

ウエディングドレス,プリンセス

透明感のある輝きが美しいスターリーチュールから、繊細なレースがふんだんに覗くエアリー感あふれる1着。ウエストマークされたベージュタフタのビジューリボンは取り外し可能で、ネイビータフタのリボンベルトに変更することも可能です。

ウエディングドレス,プリンセス

フラワーモチーフの美しいレースボレロの付いた、ビックシルエットが特徴的なチュールドレスです。ウエスト又はバックスタイルに取り付け可能なホースヘアー+チュールのリボンはコーディネートによって様々なスタイルが楽しめます。

〈まとめ〉

いかがでしたか?今回は花嫁から絶大な人気を誇るプリンセスラインのウェディングドレスをご紹介しました。選ぶ素材や取り入れる小物によって、いろいろな表情になるこのドレス。大切なのは、自分らしくコーデイネートすることです。この記事を参考にして、最高の日を、納得のいくドレスを身に纏い過ごしていだければ嬉しいなと思います。

 

プリンセスの試着はこちら