金刀比羅宮挙式

こんなお悩みはありませんか?

・和装(白無垢・色打掛・引振袖)を着て結婚式を行いたい
・家族や親族だけをお招きして少人数で思い出に残る結婚式を挙げたい
・由緒ある神社で本格的な神前式を挙げたい
・日本の花嫁(瀬戸の花嫁)に憧れがある

そんなカップルにおすすめのスタイルが、まさに「和婚スタイル」です。
和婚スタイル 白無垢

新郎様は紋付袴、新婦様は白無垢綿帽子を身に纏って大切なご家族様やご親族様にご参列いただき両家の絆や結びつきを大切にした神前式を執り行う。そう、「神前式」は、美しい日本の結婚式のスタイルなのです。

【神前式】とは?

日本の神様の前で結婚の誓いを立てる挙式スタイルです。

金刀比羅宮挙式

基本的には、ご家族様・ご親族様のみ挙式に参列します。家と家との結びつきやご縁を大切にする日本人ならではの挙式スタイルです。神前式の儀式一つひとつに、日本人ならではの大切な意味や意義が込められています。また、大切な儀式のための神前式における花嫁衣裳は、「白無垢・綿帽子」が基本スタイルとなっています。純粋無垢で嫁ぎますという意味を込めて「白無垢」を身に纏い、挙式が終わるまで新郎様以外の人に顔を見られないようにという意味を込めて「綿帽子」をつけます。また、胸元には、魔除けや厄除けの意味がある「懐剣」を忍ばせます。剣には強い生命力と邪気を払う力があり、古来より「愛する我が子を邪悪なものから守って欲しい」という親の切なる思いが込められ受け継がれています。こうした深い意味がしたためられている「懐剣」は、花嫁和装には欠かせないアイテムとなっています。

【神前式】の主な流れと意味について

金刀比羅宮挙式

①参進

金刀比羅宮挙式

気持ちを厳粛に整えるために重要な儀式です。

②新郎新婦入場

雅楽(笙/しょう、篳篥/ひちりき、龍笛/りゅうてき)の生演奏にあわせて入場します。

③修祓の儀

金刀比羅宮挙式

参列者一同を祓い清めます

④祝詞奏上

金刀比羅宮挙式

神前に二人の結婚を報告し、祝詞(のりと)をあげて神に祈ります。

⑤三献の儀(三々九度の儀)

 

・御神酒の杯を新郎が受け3口で飲み干し、同じ杯で新婦が受ける(一献=先祖に感謝)
・新婦が受け、同じ杯で新郎が受ける(二献=現在に感謝)
・再び新郎が受け、同じ杯を新婦が受ける(三献=未来への願い)

⑥指輪の交換

和婚スタイル 白無垢

永遠の契りを指輪で結びます。

⑦誓詞奏上

金刀比羅宮挙式

夫婦の守るべき道が書かれた誓いの言葉を読み上げます。

⑧玉串奉奠

和婚スタイル 白無垢

神へ「玉串」を捧げて礼拝する儀式です。榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けた玉串を、神前に供えます。紙垂は神の衣、榊は神の繁栄を意味しています。巫女から手渡された玉串を両手で受け取り、一礼した後に台に捧げ、二拝・二拍手・一拝の神式の作法で拝礼します。

⑨親族固めの盃

和婚スタイル 白無垢

両家の家族が親族となった誓いの杯を交わし、両家の結びつきを固めます。

⑩退場

和婚スタイル 白無垢

理想の和婚を叶えるための流れは簡単!2ステップ

1.挙式会場(神社)を決める

金刀比羅宮挙式

どこの神社があるの?どこに和の式場があるの?空き状況はどのように調べたららいいの?など、ご希望のイメージが叶う式場を実際にご自身で手配するのも何かと面倒な部分や不安や心配もあるかと思います。ですので、専属のウエディングプランナーが、お二人のご希望やイメージをヒアリングしながら、神社・結婚式場・会場探しから一緒に解決していきます。実際に会場をご案内させていただいたり、結婚に関する様々な疑問や相談にお応えします。トータルでサポートしておりますのでご安心ください。(相談や各種手配は無料です)そして、実際に式場(神社)が決まったら、日程と挙式時間を決め、お申込手続きをします。なお、神社での挙式の場合には、挙式当日に「初穂料」を神社に対し祝辞の謝礼として、神社へ直接納めて頂きます。
初穂料は神社により、金額が異なります。

衣裳・美容・写真を決める

金刀比羅宮挙式

①衣裳(紋付袴/白無垢/色打掛/引振袖)を試着して決定します。香川県下最大級の品揃えを誇るMITSUWAのお衣裳の中から、あなたらしく輝ける花嫁衣裳を見つけてください。和装だからこそ、生地の色味や質感の違いを楽しみ、職人により描かれた文様(柄)の意味を知ることで、嫁ぐ日に和装を身に纏い日本の花嫁になる喜びをかみしめることができると思います。

金刀比羅宮挙式

衣裳に合わせる小物一式を選びます。懐剣や筥迫など、和装に合わせる小物をお選びください。

金刀比羅宮挙式

③美容師さんと打合せをします。かつら合わせ、もしくは洋髪の場合は髪型のイメージを打合せします。かつら合わせの際には、綿帽子や角隠し、簪を実際に合わせてみながらお選びいただくことができます。洋髪の際には、髪につける小物(造花や簪など)をお選びいただきます。

金刀比羅宮挙式

④記念写真の打合せをします。

・ご列席いただくご親族様皆様で挙式後に集合写真を撮る。
・新郎新婦様、お二人で並んで撮る。
・挙式の様子をスナップ写真として残す。
・挙式後に白無垢から色打掛へお色直しをして、前撮り的に写真を撮りたい。

結婚式は一生のうちで大切な節目の日。一生の思い出として、写真を撮って記念に残すことはとても大切です。どんな写真を撮って残したいのか、実際にお写真やサンプルアルバムをご覧いただきながら詳しく打合せをし決定します。

金刀比羅宮挙式

⑤当日アテンド。当日は、お着付開始から挙式お開きまで、経験豊富な美容師とウエディングプランナーがアテンドとして付き添いますので、ご安心くださいませ。

上記2ステップで叶うから、お打ち合わせは最低1回(1日)でも可能です。遠方にお住まいの方や、香川県外にお住まいの方でもご安心ください。直近でお急ぎ婚の方も、結婚式までの準備期間も約1ヶ月あれば十分可能です。お気軽にウエディングプランナーまでご相談くださいませ。

香川県人気の金刀比羅宮をご紹介

 

今、「神社で結婚式がしたいんです!」とご相談いただくカップルが増えています。「仕事の関係で県外に住んでいるけれど、地元香川でシンプルに結婚式を挙げたい。和婚に興味があるから、どこか神前式ができる神社が香川県にないのかな…。」そんな想いで、お問合せをいただくことが増えてきました。ふるさと香川を想い、遠く離れた家族を想い、結婚式のスタイルを検討するカップル。とても素敵な想いが溢れています。そんな香川での神社挙式を素敵に叶える場所としてオススメなのが・・・金刀比羅宮です。香川といえば「こんぴらさん」と言われるほど全国的にも有名な金刀比羅宮。縁結びの神様として、また、パワースポットとしても人気の場所です。そんな金刀比羅宮で叶える神前式は「縁結び婚」として人気を集めています。山深いなかに厳かに佇む神殿。雅楽の生演奏が森の中で響き渡る時間。オリジナルの金幣。「しあわせさん。こんぴらさん。」挙式の後は、皆さま自然と「しあわせ笑顔」に包まれています。そんな由緒ある金刀比羅宮での神前式に興味がございましたら、日程や費用・段取りについて詳しくお伝えさせていただいております。お気軽にお問合せください。

【和婚プラン】

神前式に必要なものが全て揃ったお得なプランを作りました!

金刀比羅宮挙式

和婚プラン / 18万円

※通常価格:32万円ですが、こちらのプランを利用するとお得に叶います!

<プラン内容>

・新郎新婦様:和装各1点 ・衣裳小物一式
・ヘアアクセサリー ・美容着付
・新婦ヘアメイク ・当日アテンド

※①表示価格は税抜きとなります。②別途、神前式料(神社への初穂料)が必要になります。③一部の和装は除きます。

写真や挙式後の食事会や披露宴なども、オプションにてご用意しております。ご希望をお伺いさせていただきながら、お見積りも可能ですのでお気軽にご相談ください。