• 和装

千紫万光

色とりどりの花の咲き乱れているようすを表す千紫万紅。若さ(緑)を保ち続ける長寿の松は、長寿や不老不死の象徴となり、平安時代から縁起物として広く使われるようになりました。さらに、長寿を象徴する代表的な花である菊、気高く高雅な趣をもつ花として貴ばれてきた梅をあしらい、丸みを帯びたモチーフに仕上げることにより、優しく全体を包み込み、所々に紹巴織を取り入れる事で、独特の柔らかみとつやを持った色打掛が、晴れの日の花嫁様を美しく演出します。

お問い合わせ 来店予約

打掛の他の和装

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー