神社挙式

こんぴらの神前挙式

神前式は日本古来の伝統的な挙式スタイル。といっても一般の家庭の結婚式は自宅で執り行われることがほとんどでした。そのため、現在の神前式は明治33年に日比谷大神宮(現東京大神宮)で執り行われた大正天皇のご成婚式をルーツとしています。
神前式で言うところの神様とは、氏神様やご先祖様のことであり、神前式とは、両家の家族が縁あって結びつき、ひとつの家族になることを報告する儀式です。また、挙式を執り行う神殿は神聖な場所とされています。
このふたつの理由から、親族ではないゲストが挙式に参列することはできません。神社によっては、教会式や人前式のようにゲストが列席できるスペースがない場合もあるので注意が必要です。

神前式までの流れ

Step.1お問い合わせ・ご相談・ご来店

専門式場やホテルに備え付けられている神殿で神前式を叶えたい場合は設備のある場所をご紹介します。神社で神前式を執り行い、その後披露宴会場へ移動して披露宴をする場合はご希望に合わせて神社をご紹介します。空き状況の確認や見学の予約なども柔軟に対応いたします。

Step.2神社のご予約

結婚式場と違って神社は神聖な場所。見学をするにもさまざまなルールが設けられている場合もあります。見学予約や確認など、手続きは「ウェディングボックスみつわ」にて責任を持って対応いたします。

Step.3会食会場の下見・ご予約

結婚式場やホテルなどの神殿であれば、そのまま同じ会場で披露宴を。神社で神前式を叶える場合は叶えたい披露宴のスタイルに合わせた場所をご紹介します。当日挙式・披露宴を両方叶える場合は移動時間との兼ね合いも考えてチョイス。下見の手配や仮予約、見学後のお断りなど、面倒なことはすべてみつわにて対応いたします。

Step.4衣裳のご試着

白無垢、黒引き振袖など、神前式のご衣裳をお満足いくまで選びいただけます。ご試着はもちろん、当日の衣裳姿をイメージしながらコーディネートをすることも可能。新郎様の紋付袴ももちろんご準備しています。

Step.5お打ち合わせ

神社で結婚式をした後、披露宴はオーダーメイドで叶えたい場合はお打ち合わせも「みつわ」にて対応いたします。会場の手配や内容のご相談、招待状や席次表・引出物や引菓子などのご案内もいつでもご相談ください。

Step.6当日前の最終確認

衣裳を選んでから時間が経っている場合は当日前にもう一度サイズを確認する場合があります。また、オーダーメイド結婚式の場合は当日の人数やスケジュールなどを最終確認いたします。神社との連携や人数の報告など、手続き的な内容はみつわにて対応いたします。

Step.7挙式当日

打ち合わせなどで気心の知れたスタッフが結婚式当日もサポートいたします。不安や緊張を和らげるお手伝いが少しでもできればうれしいです。思い出に残る素敵な1日になるよう、しっかりと対応いたします。

会場リスト

  • こんぴら挙式
    金刀比羅宮

神前式に必要なものが全て揃ったお得なプラン

¥200,000(税別)~                          ※別途神社へお納めいただきます挙式料(初穂料)は神社により異なります。
プラン内容・新郎新婦様:和装各1点 ・衣裳小物一式・ヘアアクセサリー ・美容着付新婦ヘアメイク ・当日アテンド

ご予約はこちら

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー