和装憧れの和装で結婚式を叶えよう

和装

白無垢

和装

日本に伝わる伝統の婚礼衣裳「白無垢」の一覧です。「純潔」「嫁いだ家の家風に染まる」という意味が込められていて、新しい家の嫁に入るのにふさわしい姿とされています。ただ白いだけでなく、鶴や松竹梅など、縁起の良いとされている柄が描かれていることが多く、素材や折り方など、あらゆる部分にこだわりが詰め込まれた上質な衣裳がそろっています。

VIEW MORE

打掛

和装

色とりどりの縁起柄が描かれた華やかな婚礼衣裳「色打掛」の一覧です。披露宴のお色直しを印象的にするために羽織られることが多い他、前撮りやフォトウエディングで和装姿を残しておきたいという花嫁にも人気です。実は、色打掛は白無垢と同格の正礼装。金糸や銀糸を使って描かれた艶やかな衣裳に現代風のヘアスタイルを合わせ、モダンにアレンジする花嫁姿も人気です。

VIEW MORE

引振袖

和装

袖を引きずって着る、上流階級の婚礼衣裳「引振袖」の一覧です。別名大振袖とも呼ばれ、未婚の女性が身の纏う「振袖」の中で最も格式が高いとされています。そして、その中でも最も上位の色とされているのが「黒」。だから、婚礼には主に「黒引き振袖」が用いられることが多く、文金高島田に角隠しというスタイルは白無垢とならぶ神前式の人気衣裳となっています。

VIEW MORE

紋付

紋付

家紋の入った男性の婚礼正装「紋付」の一覧です。正式名称は紋付羽織袴で、もともとは略礼装として用いられていましたが、明治時代以降、男性の正装・礼装として広まりました。一般的には黒紋付を用いられることが多いですが、黒でなければならないという決まりはなく、青や白など、幅広い柄の中から好みのカラーをチョイスする花婿も増えています。

VIEW MORE

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー