少人数結婚式

和婚会場

少人数結婚式とは、文字通り30名以内程度の人数で叶えるウエディングのこと。食事会よりも大きく、結婚式ほど派手ではない。そんなイメージです。といっても、ドレスや和装を着て、挙式・披露宴をするという意味では通常の結婚式とあまり変わりません。ゲストは家族や親戚、親しい友人のみを招き、より近しい間柄の人だけで叶える場合が多く「少人数ウエディング」「ファミリーウエディング」と呼ばれることもあります。

少人数結婚式とは

Step.1ゲストへのおもてなし

少人数のウエディングでは、よりゲストの好みに合わせたおもてなしが叶えられるのがメリットのひとつ。例えば「年齢が高めのゲストのためにメニューや味付けを工夫し、箸で食べられるようにする」「お酒好きの親戚のためにビールやワインに加えて日本酒や焼酎も用意する」など、ゲストのことを考えたフレキシブルな対応が可能。フォトサービスや引出物の直接渡しなど、ゲストと接する時間も多く持てる点も少人数の結婚式ならではです。

Step.2アットホームな雰囲気

会社の上司や先輩も訪れる大人数の結婚式では、当日緊張してしまう場合も少なくありません。気心の知れた家族や友人だけの少人数結婚式ならリラックスして臨めそうです。もし、失敗してしまっても近しい家族や友人なら笑いが起きて和やかな雰囲気になりやすく、温かいムードの中で進められるのも特徴。家族紹介の時間を設けると、ゲスト同士も打ち解けやすくなります。

Step.3準備が比較的ラク

結婚準備の中で最も苦労するのは「準備」ですよね。始める前から「大変そう」というイメージを持っている方も少なくないでしょう。実は、結婚準備で大変なのは「手作りをたくさんする場合」。60名が30名になるだけでも招待状や席次表などを用意する数や確認内容の作業量が軽減されることは想像できますよね。そのため期間も短くて済むことが多く、段取りよく進めればだいたい2〜3ヶ月で終わらせることが可能です。

  • 二蝶
    料亭 二蝶
  • 神椿
    神椿

少人数の結婚式スタイル

会場別に適性をチェック
和婚会場
専門式場最近では少人数結婚式の需要が増えていることもあり、専用のスペースを設けている会場もあります。
ホテル部屋数が多く、大人数から少人数まで対応できる場合が多いです。広い部屋を仕切って少人数対応することもあるので気になる場合は確認が必要です。
レストランどちらかといえば少人数向けのお店が多いのがレストラン。料理もおいしく貸切でゆったり楽しめる点もおすすめできるポイント。

少人数の結婚式で大きな会場を使うと寂しい雰囲気になってしまうため、人数に合わせたスペースを確保するのがおすすめです。さらに、会場の広さや雰囲気によって選ぶドレスも変わってくるので要注意。好みだけでなく、会場との相性や動くスペースが確保できるかどうかなど、さまざまな面を加味して選んでいきましょう。

ご予約はこちら

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー