• 和装
  • 和装
  • 和装

道長天翔鶴

最高級の生地を深い色に染め、本漆やさまざまな色合いの箔をふんだんに用いて作り上げた最高級の色打掛です。藤原道長が好んだことからその名がついた道長文様は、いくつかの柄の和紙をちぎって貼り合わせた継色紙をイメージした文様で、古典的で美しい印象を与えます。その道長とともに、四季の日本を代表する花々が咲き誇り、長寿の象徴である鶴が優雅に羽ばたく、大変おめでたいお柄ゆきの逸品です。道長や色とりどりの花に用いられている漆は、熟練の職人の手により支えられ続けた、日本を代表する工芸のひとつであり、その語源は「麗し」とも「潤し」とも言われています。その名のとおり艶やかな風合いが特長の漆をふんだんに使った、日本の女性を美しく粋に彩るご婚礼衣裳です。

お問い合わせ 来店予約

打掛の他の和装

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー