• 和装
  • 和装
  • 和装

IKKO重陽菊花文

地に金の箔が透けて見える照り出しに、ふっくらとした絵緯がえもいわれぬ豊潤な存在感を醸す織の色打掛です。モチーフは盛りと咲き誇る長寿の象徴・菊の花。燃えるような紅と朱の取り合わせが上品な地色に映えて、懐古調のロマンを満腔にたたえた花嫁姿を可能にする一着。アンティークの面持ちをたたえる衣裳は年齢を問わず、愛らしさ、はたまた気品、古き良き情緒を演出してくれるスペシャルアイテム。花嫁の美しさをいっそう引き出してくれる、温かい先人達の魔法がかかっているのかもしれません。

お問い合わせ 来店予約

打掛の他の和装

Dress Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー